犬をしつける3つの方法 後半

犬をしつける3つの方法 前半を読んでいない方は、先にお読みください。

訓練については、どのように考えていったら良いのでしょうか?

質問:
「今度は訓練についてお聞きします。
基本的な訓練として、スワレ、フセ、マテ、コイ、アトへなどがありますが、これらは最低限の訓練として教えておいた方がいいでしょうか?」

藤井聡:
「もちろん教えないより教えた方がいいと思います。
ただ、スワレができます。
マテができます。
だから外に出ていって、車が来たらマテとかスワレとか言って命令すると言うことを聞くからとか、そういうことではありません。」

「しつけとして、飼い主さんが指示を出さなくても、飼い主さんが立ち止まれば犬も止まるようにしておかなくてはいけないんです。
散歩をスムーズにするためにマテとかを教えるのではなくて、服従本能をより強化し発達させるための服従訓練の一つとして、スワレとかマテを訓練するということです。
そうしないとしつけの部分が訓練になってしまいますからね。」

質問:
「私たち一般人は、まだまだしつけと訓練がごちゃ混ぜになってしまっていますね。」

藤井聡:
「しつけと訓練は字も違うんです。
しつけ(躾)は身を美しくと書きますが、訓練は字が全く違うんですから、意味も違うんです。」

「少し余談になりますが、外国にはしつけという言葉がないんです。
この前、日本語がペラペラのイギリス人がここ(株式会社オールドッグセンター)に来たので、“日本には【しつけ】いう言葉がありますが、イギリスにもありますか?”
って聞いてみたら、“う〜ん”って考えて、“トレーニングかな?”って言うんです。
外国にはしつけなんていう言葉はないんですね。
トレーニングは訓練ですから。」

犬との主従関係を確立するための3つのしつけである、リーダーウォーク、ホールドスティール、タッチング。
この3つは必ずマスターしておいて下さい。

次は、藤井聡先生のところに寄せられる相談内容について、お伺いしたいと思います。
あなたが現在抱えている問題も出てくるかもしれません。

よくある犬のしつけの相談

初公開
日本一のカリスマ訓練士としてテレビに何度も出演する
【藤井聡の犬のしつけ方法】

プロのしつけを愛犬に!

日本一のカリスマ訓練士としてテレビに何度も出演
藤井聡の犬のしつけ方法

間違ったしつけを行っていては、愛犬も飼い主さんも不幸になるだけ。犬の正しいしつけとは何かわかります。

藤井聡プロフィール
訓練士 藤井聡のプロフィール
オペラント訓練技法
犬のオペラント訓練技法1
犬のオペラント訓練技法2
主従関係
犬との主従関係の重要性1
犬との主従関係の重要性2
犬のしつけのポイント
犬のしつけのポイント その1
犬のしつけのポイント その2
犬の販売業者と飼い主の問題
犬の販売業者・ブリーダーと飼い主の問題1
犬の販売業者・ブリーダーと飼い主の問題2
3つのしつけ方法
犬をしつける3つの方法 前半
犬をしつける3つの方法 後半
よくある犬のしつけの相談
犬の吠え癖、噛み癖、引っ張り癖、飛びつき癖を直すには?1
犬の吠え癖、噛み癖、引っ張り癖、飛びつき癖を直すには?2
犬の吠え癖、噛み癖、引っ張り癖、飛びつき癖を直すには?3
まとめ
犬のしつけ

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシー、お問い合わせなどはサイトのトップページに記載しています。

藤井聡 犬のしつけ [教室・無駄吠え・噛み癖] ドッグトレーナー トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

トップページへ