犬との主従関係の重要性2

主従関係の重要性1を読んでいないかたは、こちらを先にお読みください。

でもこんな意見が聞こえてきそうです。

意見:
「私はワンちゃんにエサを与えているし、散歩にも連れて行ってあげているし、おもいっきり可愛がってあげています。
だから主従関係はできているのに、いつも問題行動を起こします。なぜでしょうか?」

なぜ、こういった意見が出てくるのでしょうか?

藤井聡:
「そうです。主従関係です。主従関係なくして信頼関係は築けないんです。
それを言い続けているのが私なんです。他にそういうこと言っている人はあまりいないんです。
主従関係がなくても信頼関係が築けるって言っている人がいっぱいいるんです。
犬は完全な縦型社会ですから、取り扱う人、つまり人間が上位でなければ全てがうまくいかないんです。」

質問:
「藤井聡の本にも書かれていたと思いますが、犬にとっても人間に従っている方が楽なんですよね。」

藤井聡:
「犬にとって自分の頼れるリーダーがいれば、そのリーダーに従っているのが一番楽なんです。
その方がストレスも軽減されます。頼れるリーダーがいないと自分がリーダーになろうとして、天狗になって、ワガママなボス犬になるんです。
そうすると常にストレスにさいなまれます。ストレスは寿命に影響するんですよ。」

質問:
「先程藤井聡がおっしゃられた“主従関係なくして信頼関係は築けない”って、凄く重要なフレーズですね。」

藤井聡:
「信頼関係というのは、人と犬との絆ですよね。
絆を築いていくためには、基本として主従でなくてはならない。
それが日本の愛犬家は逆転しているわけです。飼い主さんが犬にベタベタと接触して、全然リーダーシップを発揮しない。
それどころか逆に、従属者的な対応で、犬に尽くして尽くして尽くしまくります。
そうすると犬は、下位の者は上位の者に尽くして当たり前と感じますから、飼い主さんをバカにするわけです。
だから言うことを聞かないんです。だからそこで問題が発生するんです。」

「でもそれが逆転して、飼い主さんがちゃんとリーダーシップを発揮して、しっかりとした対応をしていけば、特別な訓練をしなくても犬は従属しますから、問題は発生しないんです。
ですから、しつけと訓練は別なんです。
私はしつけの部分をきちんと犬に教育しながら、もしくは飼い主さんに指導しながら、プラス服従訓練、これはオペラント条件付けで服従訓練を強化していきます。」

人と犬との主従関係を確立した上で、
さらにオペラント訓練技法を用いて服従訓練を強化していくことがしつけの基本であり、
それが人にとっても犬にとってもベストな関係であるということを理解しておいて下さい。

次は、犬にしつけをしていく上で、かなり重要なポイントについて、
お伺いしたいと思います。そのポイントは、たった2つです!

犬のしつけのポイントに続く・・・

初公開
日本一のカリスマ訓練士としてテレビに何度も出演する
【藤井聡の犬のしつけ方法】

プロのしつけを愛犬に!

日本一のカリスマ訓練士としてテレビに何度も出演
藤井聡の犬のしつけ方法

間違ったしつけを行っていては、愛犬も飼い主さんも不幸になるだけ。犬の正しいしつけとは何かわかります。

藤井聡プロフィール
訓練士 藤井聡のプロフィール
オペラント訓練技法
犬のオペラント訓練技法1
犬のオペラント訓練技法2
主従関係
犬との主従関係の重要性1
犬との主従関係の重要性2
犬のしつけのポイント
犬のしつけのポイント その1
犬のしつけのポイント その2
犬の販売業者と飼い主の問題
犬の販売業者・ブリーダーと飼い主の問題1
犬の販売業者・ブリーダーと飼い主の問題2
3つのしつけ方法
犬をしつける3つの方法 前半
犬をしつける3つの方法 後半
よくある犬のしつけの相談
犬の吠え癖、噛み癖、引っ張り癖、飛びつき癖を直すには?1
犬の吠え癖、噛み癖、引っ張り癖、飛びつき癖を直すには?2
犬の吠え癖、噛み癖、引っ張り癖、飛びつき癖を直すには?3
まとめ
犬のしつけ

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシー、お問い合わせなどはサイトのトップページに記載しています。

藤井聡 犬のしつけ [教室・無駄吠え・噛み癖] ドッグトレーナー トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

トップページへ