犬との主従関係の重要性1

犬との主従関係をつくることは非常に重要!です。

質問:
「しつけと訓練は同じもののように思っていたのですが、別ものなんですね。」

藤井聡:
「そうです。全然違うんです。
下位の者が上位の者に従うんです。
ですから飼い主さんもしくは犬を扱う人が、リーダーシップをとって上位にいなくては、犬は言うことを聞かないんです。ですから基本的なしつけの部分できちんと基礎作りをして、人に対して従属的な犬に教育した上で、さらに服従訓練を強化する。
そうすると犬はより学習し、より言うことを聞くようになります。」

「これはよくある訓練所の場合ですが、一般家庭犬を訓練所で預かって、訓練士が訓練して、お利口になって飼い主さんに返しても、元の木阿弥で、何にも言うことを聞かなくなります。
だって基礎作りをやってないからです。
訓練士は請負仕事で、飼い主さんからお金を貰って、ひたすら服従訓練を強化します。
そして立派な訓練犬ができあがります。
でも飼い主さんと犬との関係は何も改善されていませんから、家に帰ったらまた元に戻ります。」

「私のところ(株式会社オールドッグセンター)は、必ず飼い主さんにも指導をしますから、元に戻りません。」

質問:
「飼い主さんと犬との主従関係を正しくしなければ、
いくら訓練所に預けても、元に戻ってしまうんですね。」

藤井聡:
「そうです。ですから主従を逆転させなければいけないんです。
そしてそれをやっているのが私なんです。
“飼い主指導”だとか“しつけと訓練は別だ”とかを強調して言っているのは
日本中で私くらいかもしれませんね。」

「一般の飼い主さんはそういうことをわかっていないんです。
ただ犬に問題があるから訓練してくれって言うだけです。
機械じゃないんだからチューニングアップしたってダメなんです。
機械であればチューニングアップすれば、より良い性能を発揮するようになりますけど、犬は違います。
犬は生き物ですから、扱う人が変われば犬の態度も変わります。」

質問:
「飼い主さんもそういった主従関係の部分の知識をしっかりと持っていただいて、飼い主さんが犬よりも上の立場になる必要がありますね。」

しつけにおいて、人と犬とが主従関係であることの重要性は理解できたと思います。

でも、こんな意見が聞こえてきそうです。。。

主従関係の重要性2へ続く・・・

初公開
日本一のカリスマ訓練士としてテレビに何度も出演する
【藤井聡の犬のしつけ方法】

プロのしつけを愛犬に!

日本一のカリスマ訓練士としてテレビに何度も出演
藤井聡の犬のしつけ方法

間違ったしつけを行っていては、愛犬も飼い主さんも不幸になるだけ。犬の正しいしつけとは何かわかります。

藤井聡プロフィール
訓練士 藤井聡のプロフィール
オペラント訓練技法
犬のオペラント訓練技法1
犬のオペラント訓練技法2
主従関係
犬との主従関係の重要性1
犬との主従関係の重要性2
犬のしつけのポイント
犬のしつけのポイント その1
犬のしつけのポイント その2
犬の販売業者と飼い主の問題
犬の販売業者・ブリーダーと飼い主の問題1
犬の販売業者・ブリーダーと飼い主の問題2
3つのしつけ方法
犬をしつける3つの方法 前半
犬をしつける3つの方法 後半
よくある犬のしつけの相談
犬の吠え癖、噛み癖、引っ張り癖、飛びつき癖を直すには?1
犬の吠え癖、噛み癖、引っ張り癖、飛びつき癖を直すには?2
犬の吠え癖、噛み癖、引っ張り癖、飛びつき癖を直すには?3
まとめ
犬のしつけ

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシー、お問い合わせなどはサイトのトップページに記載しています。

藤井聡 犬のしつけ [教室・無駄吠え・噛み癖] ドッグトレーナー トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

トップページへ